SEO対策には記事に共起語を入れるべき。共起語ツールも合わせて紹介。

SEO対策には記事に共起語を入れるべき。共起語ツールも合わせて紹介。

共起語とは? 

共起語をイメージしてもらうための画像
出典: Unsplash

共起語とはある単語とセットで使われやすい言葉のことです。

例えば「スマホ」と一緒に使われる言葉としては

・格安

・プラン

・ギガ数

・料金

などがあります。これらが共起語にあたります。

共起語がSEOに重要な理由

SEOのイメージ画像

出典: Unsplash

Webページの本文中に共起語を用いることはSEOにおいて重要です。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

上記はGoogleが掲げる10の事実にある言葉です。

Googleが掲げる10の事実

インターネットで検索上位にWebページが表示されるためには、検索ユーザーが満足できるページを作ることが前提です。

そして、ユーザーの満足度を向上するために共起語が重要になってきます。

例えば、スマホに関する記事があったとして、共起語が記事の本文中に入っていなかったらどうでしょう?

(スマホの共起語)

・格安

・プラン

・ギガ数

・料金

上記の単語が入っていない記事はスマホに関する内容にも関わらず、中身がペラッペラに薄くなります。

このように共起語が盛り込まれていない記事は、専門性が薄くなってしまいます。

専門性が薄ければユーザーの満足いくページにならないので、Googleから評価されにくくなってしまうんですね。

共起語検索ツール

共起語が重要と言われても、どうやって見つければいいのか分からないですよね。

共起語の調べ方としては、共起語検索ツールを使うのが便利です。

共起語検索


出典: https://neoinspire.net/cooccur/

サイトに登録することなく、無料で共起語を検索することができます。

上位30記事のデータから検索した結果を表示してくれます。

共起語検索

共起語調査ツール

出典: https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

会員登録が必要になりますが、こちらはGoogleとYahoo2つの検索エンジンからのデータにより検索語を調査してくれます。

エクセルのデータで保存もできるので、共起語をデータとしてまとめておくには便利なツールです。

共起語調査ツール

SEO関連カテゴリの最新記事