初心者のコンテンツ作成者は知っておきたいSEO用語集

初心者のコンテンツ作成者は知っておきたいSEO用語集

Webページに追加していく記事などのコンテンツを作成するにあたり、SEOを意識するかと思います。

調べてみると初心者には難しい細かい用語まで説明しているページが多かったので、本記事では初心者に最低限知ってほしい用語をまとめました。

用語ごとに解説もしてありますので、コンテンツ作成の初心者は読んで勉強してみてください。

初心者に知ってほしいSEO用語集

出典:Unsplash

SEO

Search Engine Organization の略称です。Search EngineであるGoogleからの評価を高め、コンテンツを検索結果に上位表示させる施策のことを指します。

ペルソナ

記事を読む読者を具体的に設定した人物像のことで。、性別、居住地、仕事、興味など具体的に検索ユーザーを想定することで、 ユーザーに とって有益と思われる情報を記事に盛り込むために使います。

被リンク

他サイトに自身のコンテンツがリンクを張られること。リンクを張るのは、記事の内容が有益だと思ってくれている証拠です。

ただ、一昔前に業者から流行ったリンクを業者から大量に買うことはデメリットしかないのでおススメできません。

パンくずリスト

Webページに表示されている、ユーザーがサイトのどこにいるか分かるためのもの。たとえば本記事なら、「WEB制作」の「SEO」カテゴリの中の記事だということが分かります。

パーマリンク

URLのことです。パーマリンクが英語ではなく、日本語になっているとGoogleから正しい評価を得にくくなります。

Google ウェブマスターツール

現在のGoogle サーチコンソールの名称が変わる前がGoogle ウェブマスターツールという名前でした。SEOに関する本を読んでいると名称がそのままだったりしますので注意してください。

クローラー

GoogleのWebページをチェックするためのプログラムをクローラーと言います。作成したコンテンツは初めの内だとGoogleの検索結果に表示されませんが、クローラーがチェックすることで検索結果に表示されるようになります。

E-A-T

Googleが示すコンテンツ評価の基準の1つです。Expertise(専門性)、Authority(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったもので、3つの基準を満たすことで評価が高くなります。

ロングテールキーワード

複数のキーワードを組み合わせたキーワードのこと。例えば、「SEO 用語 初心者」などがロングテールキーワードになり、「SEO」がビッグキーワードとなります。一般的にビッグキーワードほど競合サイトが多くなり、上位表示が厳しいです。 

SEO関連カテゴリの最新記事