今のSEO対策に必要な「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」とは

今のSEO対策に必要な「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」とは

近年のSEO対策

出典: pixabay

検索システムのアップデートに伴い、小手先のSEO対策では検索結果で上位表示することは難しくなってきました。Googleのアルゴリズムも発達しているので、以前のSEO対策であったブラックハットSEOなどは通じないです。

検索キーワードを不必要に詰め込んだり、外部リンクを張ってもらったりするなどの、検索エンジンの技術的な穴をねらったSEO手法はもう古い手法になっています。

そこで近年は、よりユーザーの役に立つようなコンテンツ作成がSEO対策の主流になっています。

SEO対策に重要な2つのニーズ

出典: pixabay

ユーザーの満足度を上げるためには記事コンテンツにおいて2つの要素を満たす必要があります。

満たすべき要素は以下の2つです。

  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ

「ニーズ」とは読者が記事のコンテンツに求めている内容のことです。以下ではそれぞれ解説していきます。

SEO対策で考えるべきニーズ1.顕在ニーズ

出典: pixabay

顕在ニーズとは読者が自分自身、解決したいと分かっている要素のことです。

例えば、「スマホ ケース」でユーザーが検索したなら、顕在ニーズは「スマホでおすすめのケースを探している」ことになります。

おすすめのケースに関する情報をコンテンツに盛り込むことで、読者に満足してもらうことができます。  

しかし、これだけではありふれたコンテンツになってしまいます。

SEO対策で考えるべきニーズ2.潜在ニーズ

出典: pixabay

潜在ニーズとは、その名のとおり潜在的に隠れているニーズのことです。

読者も自分で把握していない欲求のことですね。

こちらも「スマホ ケース」の例で考えます。

スマホのケースが欲しいという方は、もちろん壊れないようにするという目的もありますが、一番は「おしゃれなケースでスマホのデザイン性を高めたい」という欲求があります。

なので、おすすめのケースを紹介した後に「自分でデザインを考えることのできるスマホケース」の情報を追加してあげると、他の記事と差別化できます。

何より、ユーザーの満足度も上がるので良質なコンテンツになりますね。

SEO関連カテゴリの最新記事