昔は通用したSEO対策(今は効果ない)。ブラックハットSEOとは何かを解説。

昔は通用したSEO対策(今は効果ない)。ブラックハットSEOとは何かを解説。

ブラックハットSEOとは何か

出典:Unsplash

現在は通用しないSEO手法である「ブラックハットSEO」とは、検索ユーザーの役に立たないようなページでもGoogleの検索システムの仕組みを利用して、検索結果の上位にページを表示させることです。

ブラックハットSEOの具体的なやり方の詳細は以下にまとめたとおりです。

・自社サイトのリンクを他のサイトに張ってもらう

・検索キーワードを不自然に文章に詰め込む

・文字を背景と同じ色にして見えなくする隠しテキストを使う

Googleの検索エンジンがまだ発達していなかったころ、検索結果の上位に表示されるページの基準がしっかりと整備されていませんでした。

そのため、他のサイトから多くリンクを張ってもらっているページや、検索キーワードがより盛り込まれているページ、キーワードの盛り込みを隠すために白色テキストでキーワードを入れて、読者からは見えなくする隠しテキストがまかり通っていました。

上記のようなページ読者のことを全く考えていないSEOをブラックハットSEOといいます。

現在はホワイトハットSEOが主流

出典:Unsplash

昔は当然のようにあったブラックハットSEOも、現在では検索エンジンの仕組みが進化して通用しなくなりました。

そこで取られているSEOが「ホワイトハットSEO」です。

ホワイトハットSEOとは、主にコンテンツSEOのことを指し、ユーザーをいかに満足させられるかが重要なSEOの方法です。

Googleが掲げる10の事実にもあるように

「ユーザーに焦点を絞れば、他の者はみな後からついてくる」 と述べています。

さらに、ブラックハットSEOを行えばペナルティが課せられることもあるので、今後は卑怯なことは行わずに、ユーザーのニーズを満たすページをいかに作れるかが重要になってきます。

これからはホワイトハットSEOを突き詰めよう

出典:Unsplash

検索エンジンの仕組みは日々進化しているので、システムの穴をついて検索上位になっても、アップデートが行われてしまえば一気にまで圏外まで落ちるということもありますので、ブラックハットSEOはやめましょうね。

SEO関連カテゴリの最新記事