PVアップに効果的。目に留まるタイトルを作って読者に記事を読んでもらおう。

PVアップに効果的。目に留まるタイトルを作って読者に記事を読んでもらおう。

スマホが情報収集の主流になっている今、ユーザーがWebサイトを読むかどうかは、ほんの一瞬で決まります。

スマホの検索結果をなんとなくスクロールして目に留まったものだけ、クリックしてサイトを閲覧します。

そのため、タイトルには以下の2点が必要です。

・インパクトの強さ

・読みやすさ

上記の2点を満たすための、タイトル作成のコツを紹介します。

PVアップを狙うためののタイトルのつけ方 

出典: Pixabay

長すぎず短すぎない

長すぎると読者は読む気を起こさずにスルーしています。また、短すぎても内容が伝わらないです。 Google の検索結果に表示されるタイトルは34文字がマックスではてなブックマークでは32文字が最大になっています。

そのため適切なタイトルの文字としては 28文字から34文字にしましょう 。

英語ではなくカタカナで

カタカナを利用することによってタイトルを読みやすくします。当たり前ですが英語は、日本人にとって英語を使うのに慣れていないため、英語表記だと読むのにストレスを感じてしまいます。

 読み飛ばされる可能性があるので可能な限り英語はカタカナに置き換えましょう。

例えばInstagramよりインスタグラムといった感じです。

具体的な数字で説明

抽象的な表現よりも数字で表現したほうが読者には内容が伝わります。

「月額制だけど広告がなくなる YouTube プレミアム」

「月1500円は圧倒的に安い。広告なしで YouTube を楽しめる YouTube プレミアム」

後者の方が読者に内容が伝わります。

数字を入れたほうがわかりやすく、さらにインパクトも出ます

感情フレーズを入れる

「思わず買いたくなっちゃう」

「めんどくさい画像選びとはおさらば」

など、読書の感情を想起させるフレーズを使うことでインパクトを与えることができます。

「画像選びに使えるツールを紹介します」だと事実が書いてあるものは読者にインパクトを与えることができず読まれる確率は下がりますね。 

PVアップにはコンテンツ自身が重要

出典: Unsplash

記事を読んでもらうためには魅力的なタイトルを作成し、クリックしてもらうことが重要です。

タイトルがいかに良くても、コンテンツがそれに見合ったものでなければ意味がないです。

昔ながらのSEOは通用しなくなってきているので、良質なコンテンツを作ることを意識しましょう。

以下の記事も合わせてどうぞ。

昔は通用したSEO対策(今は効果ない)。ブラックハットSEOとは何かを解説

SEO関連カテゴリの最新記事